健康効果が高いサプリ「ラクトフェリン」

ラクトフェリンのサプリは免疫力の強化、抗菌・抗ウイルス作用、抗酸化作用、整腸作用など幅広い健康効果が期待できる成分を含んだサプリとなります。健康目的で飲むのがラクトフェリンの利用方法です。

ラクトフェリンで体重を減らすことはできるのかと言えば、ラクトフェリンは本来体重を減らす目的のために利用する純粋なダイエットサプリとは言えません。しかしラクトフェリンにはの効果効用によって体内にたまった内臓脂肪を減らすことで体重の減少は期待できると言ってよいのです。また、ラクトフェリンを飲むことでからだ全体の調子が良くなって全身の血流も向上して新陳代謝がラクトフェリンを飲む前よりも上がることによって脂肪が落としやすく脂肪がつきにくい体質へと作り変えることも可能なので十分に期待できると言えます。

ラクトフェリンを半額で

ラクトフェリンの効果に1つに脂肪代謝の改善作用があります。この作用では脂肪吸収を抑制する効果と脂肪分解を促進する効果が見込めます。脂肪吸収を抑制することで中性脂肪やコレステロールが脂肪に合成されてからだの中に蓄積されることを防げます。

脂肪分解の促進作用によってからだの中にたまってしまった内臓脂肪を分解して減らしやすい状態にすることができます。脂肪は分解されることで燃えやすくなり体外へ排出しやすくなります。そうなれば内臓脂肪を減らして体重を落とすことは可能です。

このような健康効果だけでなく体重を減らせるダイエット効果にも期待がもてるラクトフェリンが半額で試せるチャンスがあります。

ラクトフェリンのサプリはいろいろな会社からたくさんの種類のラクトフェリンのサプリが発売されています。たとえば、ライオンの『ラクトフェリン』は人気や売上げでNO1の人気サプリです。また、森永乳業の『ラクトフェリン オリジナル』はラクトフェリンの配合量の高さで人気のサプリです。

そして、ライオン『ラクトフェリン』なら初回購入に限って半額の2980円+税でラクトフェリンのいろいろな効果を実感できます。ラクトフェリンのサプリが半額で試せるのはライオン『ラクトフェリン』だけです。

ラクトフェリン半額はこちら

体重を減らすためには?

増えすぎた体重を減らすためにはたまり過ぎた内臓脂肪を減らすことが必要です。内臓脂肪を減らして体重を落とすためにはダイエットサプリを利用することが便利です。

「飲めば体重が減る」などいろいろな謳い文句がついたたくさんのダイエットサプリが発売されています。気になるのはそのような体重を減らせるサプリって本当に効果があるのかといったことになるのではないでしょうか。

発売されているダイエット効果があると言われているすべてのサプリが必ず体重を減らせる効果を実感できるとは言い切れないと思います。体重が減ると謳っているサプリの中には飲んでみてもぜんぜん体重が減らなかったといったものもあります。脂肪燃焼を促進させる効果がある成分を配合したサプリに関して言えばかなりダイエット効果を期待できるサプリは多いと言ってよいと思います。体重が増える原因となるたまった内臓脂肪は燃えやすい性質があり増えた内臓脂肪は燃焼させて減らすのがいちばん効果があると言ってよいのです。

脂肪燃焼を促せるサプリ

脂肪燃焼を促進させられる成分を含んだ脂肪燃焼系のサプリはウォーキングやジョギングなどの運動ダイエットと併用するとサプリのダイエット効果を実感できるものが多いのです。

運動による脂肪燃焼の効果を促進させる脂肪燃焼系サプリに含まれている成分は大きく3つに分けることができます。

  1. α-リボ核酸の成分を配合したサプリです。この成分は食事から摂った糖質をエネルギーに変換して消費できることに優れた効果を発揮します。それゆえ、運動中に脂肪をエネルギーに変えてどんどん燃やして消費できます。加えて抗酸化作用にも優れた成分なので運動中に発生するヒトのからだを酸化させてしまう活性酸素を抑制する効果もあります。
  2. L-カルニチンの成分です。この成分は脂肪を効率的に分解して燃やすリパーゼ酵素を生成する作用があります。内臓脂肪は分解されることで脂肪燃焼を促進させやすい状態となるのでL-カルニチンは体内でどんどん脂肪を分解して燃やすことができます。
  3. トウガラシの成分となるカプサイシンです。この成分は脂肪を分解してエネルギーに変えて消費する能力に優れています。また、アドレナリンの分泌を促して運動していない時でもエネルギー代謝を高めて脂肪燃焼を促進しやすい状態に保ちます。

脂肪がたまる大きな原因

内蔵脂肪を減らすための食事ダイエットで食事から摂取する栄養分の中でいちばん難問となるのが脂質と糖質なのです。糖質はごはんやパン、パスタやじゃがいもなどの炭水化物に多く含まれており、脂質は肉や揚げ物などに多く含まれます。どちらも控えるのがベストですが一方でいちばん控えにくい食品と言えます。特にごはんなどは主食なので控えることにどうしても抵抗感を抱いてしまう人は多いと考えられます。

炭水化物に多く含まれる糖質には脂肪分はないので太る原因にはならないと考えてしまうのです。炭水化物は小腸で栄養分が吸収された後で肝臓を経由してブドウ糖に変わります。エネルギーとして消費できなかったブドウ糖は肝臓に蓄積されますが肝臓で蓄積できるブドウ糖はわずかなのでどうしても余ったブドウ糖は脂肪に変換されて体内に蓄積されやすくなるのです。

脂肪に関しては中性脂肪やコレステロールに変わるものなので体内にたまりやすい体脂肪になることは言うまでもありません。それゆえ、脂肪になりやすい糖質や脂質の体内への吸収をカットできれば食事ダイエットでの効果は大きくなると言って間違いありません。

糖質・脂質吸収カットタイプのサプリ

食欲抑制系サプリがからだに入ってくるカロリー自体を減らす成分のサプリとすれば、糖質・脂質カット系サプリはからだに入ったカロリーを体内に吸収させずにカットして体外に排出させる成分のサプリと言ってよいでしょう。

糖質・脂質カット系サプリの成分としてポピュラーなのは糖質の吸収を抑えるギムネマシルベスタやサラシア、糖質のカットに優れた作用を発揮する酵母菌、体内への脂質吸収をブロックする効果があるカテキン、リボ酸ウルトラ、難消化デキストリンといったものがあります。

それ以外の成分としては特に腸内での脂肪吸収をカットする大豆サポニン、脂肪吸収を抑制するとともにコレステロール値を下げる効果があるレシチンなどがあります。糖質・脂質カット系のサプリでは上記のような成分を2種類、3種類と配合したものがあり互いの相乗効果によって高い糖質・脂質の吸収抑制を実現したものとなっています。

食事ダイエットをしていてもどうしても減らしにくい余分な脂質や糖質をからだの中で吸収させずに体外へ排出させる効果があるのでつらい食事ダイエットも気分的に少しは楽になって長続きさせられるメリットがあると思います。

基礎代謝量と内臓脂肪

なかなか内臓脂肪が減らないといった人は基礎代謝量の低下が原因です。基礎代謝量とは呼吸する、心臓を動かす、体温を調節するなどの生命維持のために最低限必要になるエネルギー消費量であり、ヒトのエネルギー消費量の約7~8割を占めるものと言われています。

基礎代謝量が低下してしまうとどうしても食事から摂ったカロリーが消費し切れずに余ってしまい脂肪となって体内にたまってしまうのです。一方、基礎代謝量が高ければ余剰カロリーが出ないので脂肪がたまりにくくなるとともに常に体内で脂肪が燃えやすい状態となってすでに蓄積した内臓脂肪をどんどん燃やして減らすことも可能となります。

しかし基礎代謝量は年令とともに自然と低下します。また、筋肉量が落ちると基礎代謝量も低下してしまいます。それゆえ、落ちた基礎代謝量は筋肉量を増やすことで高めることが可能となります。そして、基礎代謝量をアップさせるいちばんの方法は筋トレなどの運動に積極的に取り組むこととなります。

サプリで基礎代謝量は上げられるの?

基礎代謝量を上げれば脂肪がつきにくいからだになれると同時にすでに蓄積した内臓脂肪が燃えやすくなる体質にもなるので内臓脂肪をどんどん減らすことも夢ではありません。

基礎代謝量を上げるためには筋トレなどの運動に取り組むのがもっとも効果的な方法となります。が、サプリを併用することで基礎代謝量のアップに弾みをつけることができます。基礎代謝量のアップに効果があるサプリは一般的に燃焼系サプリ、基礎代謝改善系サプリと呼ばれているものになります。

そのようなサプリの中で特に基礎代謝量アップに効果が高いと思われる成分がα-リボ酸なのです。α-リボ酸は体内に入ってきた糖質をエネルギーに変えるための代謝に重要な働きをして代謝作用を促す働きがあります。つまり、基礎代謝量の向上に役立つ成分ということです。

さらに成長ホルモンの分泌を促すことで代謝調節に関与して代謝量を上げると同時に脂質代謝も促進させるアルギニン、基礎代謝に関係する肝臓の働きを良くする効果があることで基礎代謝量の向上が期待できるリジン、メラメラ成分として有名でアドレナリンの分泌を促しつつ発汗作用もあることで基礎代謝量をアップさせるL-カルニチンの生成を促すメチオニンなどの成分は筋トレなどで上がった基礎代謝量をさらに促進する作用があります。

食事でのカロリーコントロール

内蔵脂肪がからだにたっぷりたまって太ってしまった状態を改善するためのダイエットでは食事でのカロリーコントロールが基本中の基本と言ってよいでしょう。なぜなら、内臓脂肪がたまる大きな理由が食事から摂るカロリー量と消費するエネルギー量とのバランスをまったく考えずに高カロリーな食事や過食などで摂取カロリー過多となることだからです。それゆえ、食事でカロリーコントロールをしっかりして摂取カロリー過多となっている食事内容を見直すことが必要なのです。

カロリーコントロールの食事ダイエットでは常に食欲との闘い、葛藤となる人が少なくありません。「食べたいのに食べられない」といったジレンマに耐え切れずに食事ダイエットをあきらめてしまう人も多いのです。食事ダイエットでのカロリーコントロールを成功させるためのヒケツはいかに食欲を上手に抑えてコントロールできるかにあると言ってよいのです。

食欲ってコントロールできる?

食べたい気持ちをグッとこらえてダイエットに取り組む上で食欲って上手にコントロールすることは可能なのでしょうか?食べたい気持ちを抑えることは強い忍耐力と我慢強さが要求されると言えます。

しかし、我慢や忍耐力だけでは1カ月くらいなら続けられても2ヶ月、3か月と期間が長くなるとどうでしょうか?たぶん多くの人が挫折してしまうと思います。そこで食欲を上手にコントロールするためのよい方法があります。それは食欲を抑制する成分が含まれたサプリを利用することです。食欲抑制の働きがある成分のサプリを食事ダイエットで併用すれば食べたい気持ちを上手にコントロールできます。

食欲を上手に抑制できればカロリーコントロールも成功して内臓脂肪を減らせるダイエットを成功に導くことも可能です。食欲抑制系サプリの成分は満腹中枢を素早く刺激することで少量でもしっかり満腹感を得られるものとなるのです。

カルニシア、ギムネマ、カプサイシンなどは素早く満腹中枢に働きかけて満腹感を得られる代表的な成分です。また、食欲抑制系サプリではカルニシアのような成分に加えて食事量が少なくても栄養不足とならないように酵素や酵母などの他の栄養分を一緒に配合されたものが多いと言ってよいのです。

溜まった脂肪を直接に減らせる方法

からだにたまった内臓脂肪は食事での摂取カロリー量を減らすことで徐々に脂肪を減らすことができますが、内臓脂肪を減らすダイエットに取り組んでいる方では夏までに10㎏痩せたい!2ヶ月ですっきり痩せたからだになる!といったように期間を決めてその間にしっかりダイエット効果を出そうと考えている人もいると思います。

そのようなダイエットでは短期間で内臓脂肪を減らしてダイエット効果を出す必要があるのでカロリーコントロールでの間接的なダイエット方法ではなく、もっとダイレクトに脂肪の減少に効果があるダイエット方法が必要になると言ってよいでしょう。

脂肪減少にダイレクトに効くダイエット方法としては内臓脂肪を積極的に燃やして減らす方法になると思います。内臓脂肪は燃えやすいのでダイレクトに内臓脂肪を燃やすことは可能であり脂肪減少に大きな効果が期待できます。

内蔵脂肪をダイレクトにどんどん燃やして減少させるためには積極的に運動に取り組むことがいちばんの早道と言えます。脂肪の減少にダイレクトに効く運動はウォーキングやジョギングなどの有酸素運動です。

有酸素運動は運動しながらたくさんの酸素を体内に取り込むことで脂肪をダイレクトにどんどん燃焼させられます。有酸素運動は20分くらい続ければ脂肪が体内で燃え始めます。20分以上続ければ運動中はからだの中で脂肪がどんどん燃え続けて減少させられます。

燃焼系サプリ

有酸素運動でのダイレクトな脂肪減少をさらに促進できるサプリが燃焼系サプリと言われているものです。燃焼系サプリに含まれている成分は新陳代謝の向上を促し体温を上昇させ全身の血流もよくして体内で脂肪が燃えやすい状態を作ってくれます。

さらに燃焼系サプリでは新陳代謝の向上を特に促進させる成分を主としたサプリなので運動する際にエネルギー源として脂肪を取り込んで利用しやすくする効果を発揮します。だからこのような成分を含んだサプリにはダイレクトな脂肪減少への効果が期待できます。

燃焼系サプリは運動する30分くらい前に摂取してウォーキングやジョギングに取り組むことで運動によるダイレクトな脂肪燃焼の効果をさらに高められるのです。それゆえ、運動+燃焼系サプリの組み合わせなら脂肪の減少にダイレクトに効いて短期間でダイエット効果を出すことも夢ではありません。

サプリだけに頼るダイエットは効果がない

体重を減らすのに効果があると言われているダイエットサプリではサプリだけ飲むダイエットでもまったく効果が無いとは言い切れません。しかし、サプリだけの利用でどんどん体重が減ったというサプリには強力な下剤や医薬品に該当するような長期間服用すると健康に重大な被害を与えてしまうような商品があります。特にダイエット効果が高いとウワサの海外サプリは要注意です。

ダイエットサプリは基本的にサプリだけでは高いダイエット効果は期待できないと言えます。食事ダイエットや運動ダイエットでのサポート的な役割をするものと考えてください。サプリは栄養補助食品との位置づけとなるのであくまでもダイエット効果を補助するものと考えるのが普通です。それゆえ、サプリだけに頼ったダイエットではあまりダイエット効果は期待できないと言ってよいのです。

サプリはダイエットとの併用で効果を発揮

ダイエット成分を含んだサプリだけに頼るのではなくカロリーコントロールの食事ダイエットや内臓脂肪を燃やして減らす運動ダイエットとの組み合わせによってサプリの成分がダイエット効果を促進すると考えてください。それゆえ、ダイエット成分を含んだサプリの効果を十分に引き出したダイエットを期待するなら自分が取り組んでいるダイエット方法をしっかりサポートしてくれるような成分を含んだサプリ選びが賢い利用方法になると言ってよいでしょう。

たとえば、カロリーコントロールの食事ダイエットで体重を減らすのなら食欲を抑制してくれる成分や糖質・脂質吸収をブロックしてくれる成分を配合したサプリがピッタリです。

食欲を抑制できるサプリや糖質・脂質のからだへの吸収をカットしてくれるサプリを併用すればカロリーコントロールが上手くいくので食事ダイエットの効果をさらに高められます。

ウォーキングやジョギングなどの運動で内臓脂肪を燃やして減らすダイエットに積極的に取り組んでいる方なら脂肪燃焼系サプリや基礎代謝改善系サプリがオススメです。運動することによって体内で脂肪を燃焼させるとともに基礎代謝量も上がって脂肪が燃えやすいからだとなります。

そんな状態をさらに加速してもっと脂肪を燃やしやすくしてくれるのが脂肪燃焼系サプリや基礎代謝改善系サプリに含まれる成分となります。それゆえ、運動する30分くらい前に服用して運動に取り組めば効果は倍増します。

体重を減らせるサプリは効果あるの?

ダイエットサプリはたくさん発売されています。これらサプリでは脂肪減少や体重を落とすために有効な成分を配合しています。昔はダイエット効果ある成分の配合を謳っているサプリでも単なるビタミン剤であった、あるいは酷いケースではうどん粉が配合されていたなんていう詐欺サプリもありました。

今ではそのようなインチキなサプリや詐欺サプリは市場から淘汰されたと言ってよいでしょう。テレビCMなどで知名度の高い会社から発売されているダイエットサプリなら成分もしっかりしているので安心して利用できます。

一方で配合された成分のダイエット効果については正直な意見を言えば千差万別と言って良い面があります。なぜならダイエットサプリは医薬品ではないからです。あくまでも栄養補助食品といったものであり食品なので成分の効果が必ずしも実感できるとは限らないのです。それゆえ、ダイエットサプリを実際に利用した人たちの口コミでは体重が減ったという方もいればぜんぜん効果が感じ取れなかったといった人もいるのです。

食事制限と併用するサプリ利用なら効果は期待できる

ダイエットサプリを利用した方の口コミにおいて実際にダイエット成分の効果が実感できた人では食事制限のダイエットとの組み合わせで効果を得られたといった人が少なくありません。つまり、食事での摂取カロリーをコントロールするダイエットの手助けとしてサプリを上手に利用することでダイエットサプリの効果が実感できるということなのです。

しかし、食事制限のダイエット効果をさらに高めるためにサプリを利用するのであれば食事制限ダイエットに合ったサプリを選ぶことが大切です。食事制限ダイエットをしているのに運動ダイエットとの組み合わせで成分の効果が実感できるような脂肪燃焼系サプリを併用しても食事制限ダイエットの効果を高められるものとはなりません。

食事制限でのダイエット効果に弾みをつけたいのならカロリーコントロール系の成分を含んだサプリがオススメです。脳の満腹中枢に素早く働きかけて食べ過ぎを防いでくれる成分を含んだ食欲抑制系サプリは特にオススメと言ってよいでしょう。また、余分な脂肪やコレステロールを排出してカロリーコントロールをサポートしてくれる茶カテキンの成分、小腸で糖の吸収を抑制するギムネマなどの成分を含んだサプリが相性の良いサプリです。

ダイエットサプリは「食品」

ダイエット効果があるサプリに含まれている成分では医薬品となるようなものは含まれていません。サプリの成分は食品としての位置づけとなります。メラメラ系脂肪燃焼サプリとして人気あるサプリに含まれている成分はトウガラシのカプサイシンです。そしてトウガラシは食品です。体内への糖質や脂質の吸収をブロックすることで脂肪に合成されないようにしてダイエット効果があると言われているギムネマはインドネシアやアフリカなどの熱帯林に自生しているカガイモ科の植物なのです。

このようにダイエットサプリの成分は食品となるものがほとんどと言ってよいのです。そして、成分が食品なのでダイエット効果の即効性や確実性では医薬品の成分のように誰でも確実に効果がすぐに感じ取れるものとはならないのです。

たとえば、腸内環境の改善によいとされるヨーグルトを食べたらすぐに腸内環境が良くなったといった人はあまりいないと思います。健康に良いとされる食品やダイエット効果があると言われている食品は長く食べ続けることで徐々に効果を実感できる、あるいは体質を徐々に改善することができるのです。だからダイエットサプリの効果に関しても同じことが言えるのです。

サプリのダイエット効果をしっかり引き出す方法

ダイエットサプリの成分は食品なので効果の即効性や確実性は利用している人によって千差万別な面があります。確かに体重を減らす、脂肪を減らす効果はあるのでサプリの効果をさらに引き出す方法はあります。

アルギニン、カプサイシン、L-カルニチン、ジネフリンといったアドレナリンの分泌を促して代謝機能を上げて、かつ脂肪分解酵素のリパーゼの働きを活性化させることで体内での脂肪燃焼を強力にサポートする成分を配合したサプリではウォーキングやジョギングなどの有酸素運動ダイエットと組み合わせることでサプリの効果を素早く引き出すことができます。

運動ダイエットととても相性の良い成分を配合した脂肪燃焼系サプリや基礎代謝改善系サプリはサプリだけで利用するよりもウォーキングやジョギングなどの軽めの運動でもよいので運動と併用することで運動ダイエットの効果とサプリ効果との相乗作用で高いダイエット効果が見込めるのです。

運動と相性の良い成分を含んだサプリの上手な利用法としては運動する30分くらい前にサプリを飲んでから運動することです。

サプリを飲むだけではダイエットは成功しない!

ダイエットに取り組んでいてもなかなか体重が減らない、内臓脂肪が落ちた実感がないといった人だと「これを飲めばみるみる体重が減った」といったようなダイエットサプリの誇大広告を目にしてしまうとつい飛びつきたくなってしまうのではないでしょうか。このサプリを飲めば食べたいモノを食べても体重が減るのではないかと信じ込んでしまう方もいるでしょう。

しかし、いかにダイエット効果が高いと言われている成分を含むサプリでもサプリだけ飲んだらみるみる体重や脂肪は落ちて痩せられたといった魔法のサプリはないと考えてください。からだの中にたまった内臓脂肪を減らして痩せるためには地道なダイエットに取り組む努力と我慢が基本になると言ってよいのです。

ダイエット効果がある成分を含んだサプリは地道でつらいダイエットの苦痛を少しでも和らげつつダイエット効果をさらに高めてくれる存在と考えるべきだと思います。それゆえ、あくまでもカロリーコントロールの食事ダイエットや内臓脂肪を燃やして減らす運動ダイエットに取り組む上でダイエット成分を含んだサプリを併用して長続きできるダイエットにする、またダイエット効果をしっかり出せるようにするとの目的で利用するのがダイエットサプリの正しい利用法となるのではないでしょうか。

食べたいモノを好きに食べているとサプリ効果は実感できない

好きなモノを好きなだけ食べても痩せられるダイエットサプリはありません。ダイエットサプリの効果をしっかり実感したいのなら食べることに対してある程度抑制的にならなければなりません。

内蔵脂肪がたまって太るのは肉や脂っこい食事、甘いお菓子や高カロリーな食べ物を無頓着に好きなだけ食べることが原因です。それゆえ、ダイエット効果の高い成分を配合したサプリを飲んでも食べたいモノを好きなだけ食べる習慣を改めない限りサプリの効果は絶対に実感できないと思います。サプリは飲むけど摂取カロリーには無頓着といった状態は穴の開いたバケツに水を汲んでいるようなものです。

食事から摂取するカロリーをできるだけ低く抑えた上でサプリを併用すれば食べたいモノを我慢したことで得られるダイエット効果をさらに高めてくれるのです。だからダイエット効果がすごく高い成分を含んだサプリでも食べたいモノを食べている限りサプリの効果は引き出せないと考えてください。